観光向けサイト制作する場合のおすすめ

私はサイトの制作依頼が来た時に考えることはまず「ペルソナ」を考えます。

”「ペルソナ」とは代表的なターゲットを考え、ターゲットへの理解を深めマーケティング方針を統一するのが「ペルソナ」戦略です。”

この場合日本のホームページを見る上で一番不自由を感じるのは訪日外国人です。

外国人が見やすく便利だと思うサイトは日本人にも使えるということです。

 

その為

観光向けに制作する場合ご提案させてもらっているのが

  • レスポンシブデザイン(モバイル・ファースト)一つのホームページで様々な端末に対応するデザイン

    モバイル端末からウェブサイトを見るユーザーの数が増えており、モバイル・ファーストの考えは当たり前となるでしょう。

  • バイリンガル(多言語化)

    訪日外国人の増加でターゲットが日本人だけでなく訪日外国人も含まれるため

  • シンプルなデザイン(業種によっては特色を出した方がイイ場合もあります)

    文字ばかりでなく写真をうまく活用し視覚効果をうまく使う

 

お客様が求めているもの良質な情報と見やすさ、便利さと思います。

ですので、この3点の導入はお勧めします。

 

 

 

 

投稿者プロフィール

satoshi
satoshiGATE&CO.代表
1982年2月生まれ。山口県萩市出身。2008年ウェブサイト制作のGATE&CO.を設立。現在はSEO対策などデジタルマーケティングを実施。携わった企業は150社以上。自身の持つ、IT技術やノウハウといった知的資源を活用し、市民活動や地域活性化ができないかと模索中。

ボランティア活動を通じ市民活動のNPO法人の事務局長を経験。
現在も地域活性化を目的とし、地元萩市のITリテラシー(インターネットなどの情報技術を目的に合わせて活用できる能力)向上のためボランティアで月2回パソコン講座を開催中。