山口県のインバウント対策への課題①電子決済・クレジットカード

山口県のインバウント対策への課題①電子決済・クレジットカード

まずは、観光庁が公開している「外国人旅行者アンケート調査結果」をご覧ください。

旅行中困ったこととして、

  1. 「無料公衆無線LAN環境」が36.7%
  2. 「コミュニケーション」が24.0%
  3. 両替・クレジットカード利用が16.1%

萩市 インバウント対策

山口県のインバウント対策への課題として今回は電子決済・クレジットカードなどキャッシュレスについてです。

 

電子決済・クレカ利用可能店の少なさ


訪日外国人観光客には、WECHAT PAYMENT、ALIPAYなどのモバイル決済や、銀聯、クレジットカードといった様々な決済方法があります。日本では現金以外の決済手段が少なく、クレジットカードの利用可否の表記も少ない。電子決済・クレジットカード決済は当たり前と捉えて下さい。

クレジットカード決済も昔ほどややこしいわけでもなく基本料金無料など様々なサービスが増えております。

下記で紹介されているのは英語圏はクレジットカードが主流。
中国ではモバイル決済のWECHAT PAYMENT、ALIPAYが主流となっています。


英語圏



中華圏


 

 

 

特に地方では「両替・クレジットカード利用」こまった方が多いと結果が出ています。

萩市 インバウント対策

外国人が来ないから対策しないではいけません!

対策をしていないから来ないのです!

導入サポート。ぜひお問い合わせください。

 

次回は「無料公衆無線LAN環境」についてです。

投稿者プロフィール

satoshi
satoshiGATE&CO.代表
山口県萩市出身。好きなことはBBQとお酒。過去にMUSIC BARを経営。
2008年ウェブサイト制作のGATE&CO.を設立。現在はSEO対策などデジタルマーケティング(宣伝広告)を実施。携わった企業は150社以上。
自身の持つ、IT技術、音響技術などの経験を活用し、市民活動や地域活性化ができないかと模索中。

ボランティア活動を通じ市民活動のNPO法人の事務局長を経験。
現在も地域活性化を目的とし、地元萩市のITリテラシー(インターネットなどの情報技術を目的に合わせて活用できる能力)向上のためボランティアで月2回パソコン講座を開催中。(現在コロナの為休止中)その代わり訪問講座を受けています。

インバウンド対策カテゴリの最新記事