2019/02/04

Facebookは自社ホームページの代わりにはならない!!その理由は?

 

 

自社のホームページを作らなくても、Facebookページで会社ホームページの代用をしている方はいらっしゃるのではないでしょうか?最近よく聞きます。

現在、Facebookにログインせずに会社のFacebookページを見ることはできません。Facebook登録を促す大きな画面が表示され、閲覧と操作ができないのです。※下記写真

その為、Facebookは自社ホームページの代わりにはならないのです。

正直、利用していない方からしたら登録してまで見たいと思うでしょうか?

 

 

 

 

 

 


会社にとってはホームページを持つべき理由は「信用」


 

会社にとってホームページを開設することは、自社のPRを行うだけでなく、会社情報を一般公開することで、信用を獲得できるという非常に有益な方法です。

持っていない方はユーザーの選択肢から外れる事になるでしょう。

事業をしているのなら、Facebookなどの無料SNSやアメブロなどを利用するのではなく、そこはお金をかけて自ら情報を発信するホームページを持つべきなんです。

私たちがホームページの制作を行っているから進めるわけではございません!

例えばfacebookでしか会社のページがない場合、流行りが終わりユーザー数が少なくなったら情報発信能力はなくなります。

またfacebookが利用不能になった場合、情報発信能力はなくなり無料サービスの為保証もありません。

 


Q.Facebookを使わない方がいいの?


違います。どんどん利用しましょう。

使い方なんです。

流行りのSNSサービスを自社ホームページを宣伝することに使うんです。

流行りが終わったら次の流行りのサービスで宣伝するのです。

 

 

 


SNSのユーザー数


 

SNSの利用者数を国内、国外で調べてみました。

重要なのはユーザー数利用者の年齢層です。貴社のターゲット層に的確に宣伝するには

ターゲット層に合ったSNSで情報を発信することです!

例えば実名登録が義務のfacebookとLinkedInはビジネス向きのSNSです。

 

データはソーシャルメディア・マーケティングの研究機関の「ソーシャルメディアラボ」より引用

 


1位 Facebook


 

【世界】月間アクティブユーザー数:22億7,000万人
【国内】月間アクティブユーザー数:2,800万人

 


2位 Instagram


 

【世界】月間アクティブアカウント数:10億人以上
【国内】月間アクティブアカウント数:2,900万人

 


3位 LinkedIn


 

【世界】登録ユーザー数:5億9,000万人以上
【国内】登録ユーザー数:200万人

 


4位 Twitter


 

【世界】月間アクティブアカウント数:3億2,600万
【国内】月間アクティブアカウント数:4,500万超

 

 

 

投稿者プロフィール

satoshi
satoshiGATE&CO.代表
1982年2月生まれ。山口県萩市出身。2008年ウェブサイト制作のGATE&CO.を設立。現在はSEO対策などデジタルマーケティングを実施。携わった企業は150社以上。自身の持つ、IT技術やノウハウといった知的資源を活用し、市民活動や地域活性化ができないかと模索中。

ボランティア活動を通じ市民活動のNPO法人の事務局長を経験。
現在も地域活性化を目的とし、地元萩市のITリテラシー(インターネットなどの情報技術を目的に合わせて活用できる能力)向上のためボランティアで月2回パソコン講座を開催中。