インターネットでの集客方法はご存知?

ホームページを持つ方が増えていますが、みなさんは運用はされていますか?

実は、ホームページを作れば見てもらえると勘違いしている方はたくさんいます。

良質なコンテンツを作り、集客をしなければ無駄になってしまいます。

インターネットでの集客方法

  • 検索エンジン(GoogleやYahoo)
  • ソーシャルメディア(facebookやInstagramなど)
  • 他サイト(YOUTUBEなど)

などがあげられます。

 


検索エンジンでの集客


1.SEO対策

SEO対策(検索エンジン最適化)を行い、GoogleやYahooなどの検索エンジンで特定のキーワードで上位表示する事です。

ホームページの場合、SEO対策を行わないWEBマーケティングはあり得ません。

SEO対策の方法としては、ホームページを内部リンク、内部構造等を最適化し、ユーザーが求めているコンテンツ配信し続ける事です。

期間:1週間~
メリット:知識があれば無料
デメリット:委託費やコンサルタント料がかかり、結果が出るまで時間がかかる

isnがSEO対策を行った結果

赤い□は広告ですがその次にisnが表示されています。

山口県萩市

2.検索連動型広告、リスティング広告

検索連動型広告とは、インターネット広告の一種で、検索エンジンでユーザーが検索したキーワードに関連した広告を検索結果画面に表示する広告です。

上の画像の赤い□の部分です

期間:数時間
メリット:数時間で結果が出る場合がある
デメリット:広告費 1クリック数円~数千円

ソーシャルメディアでの集客


1.SMO対策(ソーシャルメディア最適化)

SMO対策は、ブログなどの自社メディアをSNS(facebookやInstagramなど)でシェアされやすくする方法です。
SMO対策をして自社サイトに誘導しアクセス数を増加します。

期間:数時間
メリット:無料。数時間で結果が出る場合がある
デメリット:投稿したコンテンツに魅力がない場合アクセス数は伸びない

2.SNS広告

SNS広告とは、ソーシャルメディア上に表示される広告のことです。 代表的なSNS広告としては、Facebook、Instagramなどの広告があります。

期間:数時間
メリット:数時間で結果が出る場合があり、地域や年齢などターゲットを絞れる
デメリット:広告費 1クリック数円~数千円

他サイト


1.youtube広告

近年では無料動画サイトが人気で代表的なYOUTUBE!

YouTube広告では、原則として”クリック”ではなく”視聴”に対して課金される「視聴課金」が採用されています。

YouTube広告には5つの広告出稿形式がありますが、説明が長くなりますので詳しい説明は下記リンクをご覧ください。

 

リンク:【YouTube広告】視聴課金モデルごとの広告単価を徹底解説HubSpot

期間:数日~
メリット:数時間で結果が出る場合がある
デメリット:広告費 数万円、広告制作費


まとめ


大きく3つの方法ご紹介しましたが、まだまだたくさんの方法があります。

ホームページを作れば結果が出るのではなく、紹介した方法によってインターネットで集客することができます。しかし集客たとしても購入や来店、契約に結び付かないと意味がありません。結びつかなければ、それはホームページの内容を疑うようにしてください。良質なコンテンツ(商品や、記事など)を作り、知ってもらう事が大事です。

 

投稿者プロフィール

satoshi
satoshiGATE&CO.代表
1982年2月生まれ。山口県萩市出身。2008年ウェブサイト制作のGATE&CO.を設立。現在はSEO対策などデジタルマーケティングを実施。携わった企業は150社以上。自身の持つ、IT技術やノウハウといった知的資源を活用し、市民活動や地域活性化ができないかと模索中。

ボランティア活動を通じ市民活動のNPO法人の事務局長を経験。
現在も地域活性化を目的とし、地元萩市のITリテラシー(インターネットなどの情報技術を目的に合わせて活用できる能力)向上のためボランティアで月2回パソコン講座を開催中。